お知らせ

*センターだより7月 第104号が発刊されました。表紙は「仔だぬき」です。(7/25)
(次号は9月25日に掲載予定です)

*リンクの「旭岳ビジターセンター」はフェイスブックに移行しました。
*層雲峡温泉街の便利な施設の「愛山渓倶楽部」はりんゆう観光さんに運営が変更となりました。01658-9-4525
(アクセスの道北バス・上川ー愛山渓線の問い合わせ先はりんゆう観光さんに変更となりました。01658-9-4525)
*層雲峡温泉街の便利な施設の「層雲峡ユースホステル」は「層雲峡ホステル」に変更となりました。080-2862-4080

*ホームページ内にある「外部リンク」先について「リンク切れ」があります。
 最新の情報をご確認下さいませ。

*6月~7月上旬の登山について

 年により差はありますが、大雪山では多くの残雪があります。
「軽装」での登山では相当な危険が伴い登頂は難しいです。
 特に、下りでの「滑落事故」が多く発生しています。
 また、雪どけとともに「踏み抜き」や登山道が「悪路」になります。
 上下山ともに慎重に歩かれて下さい。

 登山に不慣れな方につきましては、この時期の縦走はお勧めできません。
 ルートを熟知しているか、専門のガイド同行での山行としてお考え下さい。
 装備としては、登山に適した服装・登山靴・ポール・ピッケル・アイゼン・
 地図・コンパス・カウベル・雨具・スパッツ等は最低でも必要です。

*8月下旬~10月中旬の登山について

 この時期の登山は、いつ雪が降ってもおかしくありません。
 登頂される場合は、防寒対策をしっかりと行って下さい。
 また、登山道が凍り付く場合もあります。
 装備を万全に安全な山行をお願い致します。








- ビジター山だより -

赤岳コースの開花状況

2021-07-28 14:30

気温 31

赤岳・小泉岳登山情報

赤岳登山道は雪解けが進み、第二花園以外は登山道上の雪がなくなりました。

 高山植物の開花は全体的にピークを過ぎ、雪解けが遅い雪渓周辺ではチングルマやツガザクラ類などが、
これから開化を迎える場所もありますが、稜線上は盛夏の青い花が目立つほかは、すこし寂しい状況です。
後はクモイリンドウの開花を待つばかりです。


残雪状況
第一花園:消失
第二花園:ほぼ全面雪
第三雪渓:登山道上は消失
第四雪渓:登山道上はほぼ消失

開花状況
登山口周辺: ウメバチソウ・ヤマハハコ・↑
第一花園下:エゾウサギギク・マルバシモツケ・ハクサンボウフウ↑
第一花園周辺: マルバシモツケ・アオノツガザクラ〇 ハクサンボウフウ・エゾヒメクワガタ↑
第二花園~奥の平周辺:チングルマ・アオノツガザクラ・コエゾツガザクラ・ジムカデ・キバナシャクナゲ・エゾウサギギク・ハクサンボウフウ・ミヤマリンドウ・ハイオトギリ↑
コマクサ平:イワブクロ・コマクサ・シラネニンジン↓ チシマツガザクラ↑
第三雪渓周辺:チングルマ↓ エゾコザクラ・ミヤマキンバイ〇 ミヤマアキノキリンソウ・エゾウサギギク・ハクサンボウフウ・エゾノミヤマアザミ・アオノツガザクラ・エゾヒメクワガタ・チングルマ・ジムカデ↑
第三雪渓上~第四雪渓下: イワヒゲ・エゾノマルバシモツケ・キバナシャクナゲ・チングルマ・ミヤマキンバイ・エゾイワツメクサ・イワブクロ・コマクサ・ヨツバシオガマ↓ エゾコザクラ・コエゾツガザクラ〇 ウスユキトウヒレン・イワギキョウ・ミヤマリンドウ・ハクサンボウフウ・アオノツガザクラ↑
第四雪渓周辺:コエゾツガザクラ・アオノツガザクラ・チングルマ・エゾヒメクワガタ↑
赤岳山頂周辺:エゾツツジ・イワブクロ・エゾイワツメクサ・コマクサ・シラネニンジン↓ ウスユキトウヒレン・サマニヨモギ↑
小泉平周辺:ミヤマアズマギク終  エゾタカネツメクサ・クモマユキノシタ・エゾハハコヨモギ・エゾイワツメクサ・イワブクロ・エゾツツジ・シラネニンジン・レブンサイコ↓ リシリリンドウ・チシマギキョウ〇 ヒメイワタデ・ウスユキトウヒレン・ムカゴトラノオ↑

写真 第二雪渓 第四雪渓 7/28

緑岳残雪状況

2021-07-28 15:30

気温 30

松浦岳(緑岳)登山情報

ここのところの猛暑で、緑岳の登山道も雪解けが進み、部分的に雪が残っている程度になりました。

 雪解けが遅かった第一花畑や第二花畑ではようやく開花が始まり、これから開化のピークを迎えます。
一方、稜線では全体的に開花のピークを過ぎ、後はクモイリンドウの開花を待つばかりとなってきました。

残雪状況
第一花畑:端部に約150m
第二花畑:上部に約120mと約50mの2ヶ所
エイコの沢ガレ場:直下に約60m

開花状況
第一花畑周辺:ジムカデ・コエゾツガザクラ・チングルマ・キバナシャクナゲ↑ アオノツガザクラ・ミヤマキンバイ始
第二花畑周辺:エゾコザクラ・ミヤマキンバイ・チングルマ↑
岩塊斜面上部: エゾノマルバシモツケ・エゾイワツメクサ・イワブクロ↓ サマニヨモギ・チシマツガザクラ〇
山頂〜板垣分岐: エゾタカネツメクサ・コマクサ・エゾツツジ・イワブクロ・エゾハハコヨモギ・シラネニンジン↓ チシマギキョウ・ヒメイワタデ〇 ムカゴトラノオ↑


写真 第二花畑 エイコの沢ガレ場 7/28

黒岳のお花たち

2021-07-27 14:30

気温 30

黒岳情報

前回お伝えした通り、黒岳北東斜面の雪渓は消雪しています。
晴れの日が続いていますので、登山道も「ぬかるみ」等はありません。

 お花の状況は、八合目周辺から頂上まで群落をつくっていた「ウコンウツギ」は
そろそろ終花の様相です。(七合目周辺から頂上にかけて残花はありますが、見頃は過ぎました)

 代わって、写真の「チシマノキンバイソウ」や「オニシモツケ・ミヤマアキノキリンソウ・アザミ類」
が範囲を拡げてきました。本日現在で、黒岳~雲ノ平周辺・赤石川周辺では約40種のお花が開花中です。

 また、頂上周辺を彩っていた「エゾツツジ」もそろそろ終花気味・・・。
代わって、頂上~雲ノ平周辺までの区間「チシマツガザクラ」がほぼ満開の状態です。
(今年のチシマツガザクラは密集度が高く見ごたえがあります。小さなお花ですが…。)
周辺では「イワブクロ」や「イワギキョウ・コマクサ」も見頃の状態です。
(コマクサは年々範囲を拡げてきています)

 石室周辺では、雪どけ場から「キバナシャクナゲ」「チングルマ」「エゾツガザクラ」等々が
開花してきていますが、先に開花していたチングルマの綿毛も目立ってきました。

 雲ノ平周辺では、群落をつくっていた「チングルマ」等がそろそろ終花の状態。
全体的に綿毛で占められてきました。

 赤石川方面では、雪どけ場から「チングルマ」「エゾツガザクラ」「キバナシャクナゲ」
「エゾコザクラ」「ミヤマキンバイ」等々が開花しており、小群落をつくっています。

*本日も相当な暑さでした。熱中症対策も考慮されて下さい。
*石室の水が少なくなってきています。
*赤石川~水量少なく流れも緩やかで「蛇カゴ」を渡れます。
*北鎮岳分岐下雪渓~日々雪上歩行距離が短くなってきています。
 但し、下りで使用の場合はまだまだ注意が必要です。
*黒岳北東斜面・お鉢平展望台前・赤石川方面にヒグマの痕跡がありました。
 鳴り物は必ず持参して下さい。ヒグマはどこにでもいます!

写真:頂上周辺のチシマノキンバイソウ 石室周辺のチシマツガザクラ 7/27

センターだよりが発刊されました

2021-07-25 10:30

気温 31

センターだより 第104号が発刊されました

暑い日が続きますね。
くれぐれも体調管理に留意されて下さい。
センター前の温度計も現在31℃、層雲峡で30℃を超える日などは
めったにあることではないのですが・・・。

さて、大変お待たせいたしました。
センターだより7月 第104号が発刊されました。

 今回の表紙は「仔だぬき」です。
みゃーみゃー鳴きながら親の後を追う姿はとても可愛らしいです。

 その他、頭部が白いオジロワシ、仔ぎつね、仔鹿、
シマエナガの巣立ち等々を載せています。

是非ともご一読下さいませ。

写真:センターだより表紙

黒岳のお花たち

2021-07-20 17:30

気温 28

*黒岳北東斜面の雪渓は消雪しました

 八合目を過ぎた辺りから頂上周辺まで「ウコンウツギ」が
見頃を保っています。

 さらに「チシマノキンバイソウ」も範囲を拡げてきており、黒岳の斜面から
雲ノ平周辺に至るまで約40種のお花が開花しています。

 また、ここにきてポン黒周辺では「イワギキョウ」や写真の「チシマツガザクラ」
黒岳では「オニシモツケ」「ダイセツトリカブト」「ハイオトギリ」等々も開花しており
そろそろお花も季節の移り変わりです。

 雲ノ平周辺では写真の「チングルマ」や「エゾツガザクラ」がさらに範囲を拡げ
見頃となっています。周辺では「アオノツガザクラ」「エゾコザクラ」「ミヤマキンバイ」
等々も点在しており、部分的ではありますが「花街道」となっています。
但し、登山道脇ではチングルマの「綿毛」も出始めていますので、お早目の山行を。

 赤石川は、水量少なく流れも緩やかで「蛇カゴ」を渡れます。
また、北鎮岳分岐下雪渓は、起伏が改善されてきました。雪上歩行距離も短くなってきています。
但し、下りで使用の場合はまだまだ注意が必要です。

*石室の水が少なくなってきています。縦走等を計画されている方につきましては注意が必要です。

写真:ポン黒周辺のチシマツガザクラ 雲ノ平周辺のチングルマ等 7/20