お知らせ

*この度の震災から六年が経過しましたが、被災地の皆様が一日も早く平穏な日々を取り戻せま
 すよう、センター職員一同、心からお祈りしております。このページを閲覧することがございまし
 たら、少しでも皆様が笑顔になれるような話題を提供していきたいと思っております。

*熊本地震による被災者の方々には、謹んでお見舞い申し上げますとともに、被災地の一日も早い復旧を心より祈念いたします。

*センターだより3月第78号が発刊されました。表紙は「シマエナガ」です。

*大雪山グレード~下段の「リンク」から「大雪山国立公園連絡協議会」のページから見ることができます。
大雪山国立公園では登山道の区間毎に、登山者が自己責任で行動判断を行う時の目安(区間における行動判断の要求度や難易度)や登山で体験する雰囲気等の程度(区間における「原始性」、「静寂性」又は「気軽さ」などから体験するもの)を「グレード1」から「グレード5」までの5段階にわけた「大雪山グレード」を設定しました。






- ビジター山だより -

お知らせ

2017-03-09 16:00

気温 -2

冬季自然観察講座終了のお知らせ

本日も、午前中に銀河ノ滝、午後はニセイチャロマップの氷柱群へ行ってきました。

 銀河ノ滝は、左岸側中断と下段の開口部がさらに開き、滝本体の氷に多数クラックが見られました。
氷が軋むような異音は聴かれなかったため、滝直下までアプローチできたのですが、滝下には大小多数のデブリ(氷の破片)がありました。

 今後気温はますます上がりそうですので、安全にプログラムを催行する上で無理があると判断し、
今シーズンの冬季自然観察講座を本日限りで終了させていただくことになりました。

 また、神削壁からコース変更をして催行しているニセイチャロマップの氷柱群ですが、
コース入り口の災害復旧現場への工事車両の出入りが頻繁なことに加え、気温が上がって氷柱群に亀裂が見られることから、
こちらも、安全への配慮から、本日をもってプログラム終了とさせていただきます。

 来季も(2017年)12月下旬から冬季観察会を実施する予定ですので、
今季行き逃した方や、また行ってみたいという方は、ぜひご参加ください。

写真 銀河ノ滝とニセイチャロマップの氷柱群 3/9
  • センター講座が行われました

フキノトウ

2017-03-02 16:30

気温 4

 山岳地帯はまだまだ多くの雪が残っていますが、
大雪山麓では周辺は雪一面ですが、とけ始めた所から「フキノトウ」が顔を出しました。

 まだまだ春とは言い難いですが、
少しずつ春の様相を見せはじめてきました。

写真:フキノトウ 3/2
  • フキノトウ : 開花

黒岳北東斜面

2017-03-01 10:00

気温 4

 本日から3月に入りましたが、
大雪山系黒岳では日増しに積雪量が増えています。

 本日現在、黒岳七合目で積雪420㎝
積雪量の多かった昨年と比較して約40㎝多くなっています。
しかも、昨年の最高積雪量(5/3 410cm)を早くも超えてしまいました。

 黒岳では、これからさらに積雪が増えて行く時期・・・。
長期予報では暖かく推移する予報ですが、またまた今年の残雪状況が気になるところです。

写真:大雪森のガーデンから大雪山連峰一部 3/1
  • 黒岳残雪状況

今日は気温も高くなる予報

2017-02-16 8:00

気温 -10

 ここ数日、比較的気温が高めで推移している層雲峡ですが
本日は気温も上がり、最高気温がプラスの予報が出ています。

 写真は昨日の「黒岳ロープウェイ」路線下の「樹氷」の様子です。
層雲峡峡谷や大雪山連峰下部一帯が樹氷に覆われ、実に幻想的な一日でした。

 尚、今日明日と気温が高めの予報ですが、
山に入られる方は雪崩等十分な注意が必要です。

写真:大雪山・層雲峡・黒岳ロープウェイ路線下 2/15

 
  • 層雲峡

本日の層雲峡峡谷

2017-02-10 13:30

気温 -2

 ここ数日間穏やかなお天気の層雲峡です。
本日は風もなく、気温も-2℃とすごしやすいです。

 さて、2月も半ばに入りましたが心配される雪の量は、
層雲峡では昨年よりやや多めの降雪量です。

 昨年比で11月がプラス120㎝・12月がプラス30㎝・01月がマイナス100㎝、
トータルで50㎝多い降雪量です。

 積雪深も同様に多くなっていますが、黒岳七合目では本日現在370㎝と
昨年より約100㎝多くなっています。

 山岳地帯では、これから積雪が増える時期に入りますので、
今年の残雪状況が大変気になるところです。

*数値は気象庁データ

写真:層雲峡峡谷 2/10
  • 層雲峡