お知らせ

*センターだより9月第87号が発刊されました。表紙は「ウラシマツツジとエゾナキウサギ」です。(9/25)
(次号は11月25日に掲載予定です)

*リンクの「旭岳ビジターセンター」はフェイスブックに移行しました。
*層雲峡温泉街の便利な施設の「愛山渓倶楽部」はりんゆう観光さんに運営が変更となりました。01658-9-4525
*層雲峡温泉街の便利な施設の「層雲峡ユースホステル」は「層雲峡ホステル」に変更となりました。080-2862-4080

*6月~7月上旬の登山について
 年により差はありますが、大雪山では多くの残雪があります。軽装での登山では相当な危険が伴い登頂は難しいです。
 また、登山に不慣れな方につきましては、この時期の縦走はお勧めできません。ルートを熟知しているか、専門のガイド同行での山行としてお考え下さい。
 装備としては、登山に適した服装・登山靴・ポール・ピッケル・アイゼン・地図・コンパス・カウベル・雨具・スパッツ等は最低でも必要です。

*9月下旬~10月中旬の登山について
 この時期の登山は、いつ雪が降ってもおかしくありません。登頂される場合は、防寒対策をしっかりと行って下さい。
 また、登山道が凍り付く場合もあります。装備を万全に安全な山行をお願い致します。




- ビジター山だより -

紅葉谷

2018-09-26 12:20

気温 14

層雲峡散策名所「紅葉谷」の様子

 色付きの進む気象条件が続いていることで、
早くも紅葉谷の紅葉が始まっています。

 見頃まではまだ数日間要しますが、
局所的に真っ赤なハウチワカエデも出始めています。

写真:紅葉谷入口 9/26
  • 色付いてきました。

本日の層雲峡峡谷

2018-09-26 12:30

気温 14

層雲峡峡谷の紅葉の様子

 峡谷の紅葉も色付きが始まりました。
まだまだ緑葉が多い状況ですが、日に日に色が増しています。

 全体的には3割程度の進行ですが、
写真の通り、温泉街のカエデ類やチシマザクラは、そろそろ赤いものも目立ってきました。

写真:層雲峡峡谷 9/26
  • 色付いてきました。

大雪高原沼の紅葉

2018-09-26 15:00

気温 10

高原温泉沼巡りコース紅葉情報

 高原温泉沼巡りコースは、入り口のヒグマ情報センター周辺からすでに色づきが進み、
人気の滝見沼では色づきのピークを迎えています。

 上部の高原沼や空沼はダケカンバの落葉が目立つものの、
ウラジロナナカマドはまだ葉が赤いものも多く、紅葉状態を保っています。

全体的にミネカエデの黄色が強く出てきており、黄葉のトンネルをくぐる箇所もあり、メリハリのある色づきとなっています。

紅葉状況:
ヒグマ情報センター~ヤンベ分岐 だいぶ色づきが進んできました。数日以内にピークを迎えると思われます。
ヤンベ分岐~土俵沼 見頃に入っています。1週間程度はいい状態が続くと思われます。
滝見沼 色づきのピークを迎えています。ここ数日が見頃かと思われます。
緑沼 色づきのピークをやや過ぎましたが、まだいい状態です。
鴨沼 色づきのピークをやや過ぎましたが、まだいい状態です。
エゾ沼 退色期に入りましたが、まだ黄紅葉状態です。
式部沼 退色期に入りましたが、まだ黄紅葉状態です。
大学沼 落葉した部分もありますが、まだ黄紅葉状態です。
高原沼 落葉した部分もありますが、まだ黄紅葉状態です。
空沼 落葉が目立ちますが、まだ黄紅葉状態です。

写真:空沼 滝見沼 9/26
  • 最盛期を迎えました。

センターだよりが発刊されました

2018-09-25 7:30

気温 12

センターだより9月第87号が発刊されました。
今回の表紙は「ウラシマツツジとエゾナキウサギ」です。

 その他に、大雪山の動物たち・2018年のお花の状況・早すぎる初雪・ヒグマの目撃・
チゴハヤブサの営巣・黒岳七合目「カムイの森のみち」の紅葉・自然観察講座のご案内等です。

センターホームページのトップ画面から見ることができます。
ホームページの中でも、ブログ・山情報に次いで閲覧数が多いセンターだより、是非ご一読下さいませ。

写真:ウラシマツツジとエゾナキウサギ

お知らせ

2018-09-25 11:20

気温 14

各林道等閉鎖のお知らせ
以下の通りとなりますので、ご周知お願い致します。

*銀泉台10月4日11時閉鎖
*高原沼めぐり10月10日終了
*高原温泉10月11日17時閉鎖
*白雲避難小屋管理人下山9月30日(同日小屋締め)
*黒岳石室管理人下山9月30日(同日小屋締め)(営業は9月24日終了)
*高原温泉シャトルバス9月30日終了
*銀泉台シャトルバス9月24日にて終了。定期バスは9月30日まで運行

写真:高原温泉 滝見沼 9/22
(写真は22日のものですが、現在もまだ見頃を保っています。お早目の山行を)