ビジター山だより

センター講座が行われました

2019-02-02 16:00

気温 -10

層雲峡ビジターセンター冬季観察会

風の強い一日でしたが、なんとか観察会を行うことができました。

 午前中は予定通り銀河ノ滝へ行ったのですが、
午後は予定を変更して今季初となる大函(スヲプニセイ)へ行ってきました。

 当初は七賢峰ノ滝へ行く予定だったのですが、直近の下見で氷瀑の中央部を横断する亀裂(クラック)が見つかり、
崩落の可能性があるため行先を変更しました。

 大函はいまのところ、本流ダムと大函ダムとで水流を止めているため、函の中(石狩川本流)を歩くことができます。
ただし、ダムからの放流があると歩けなくなりますので、歩きたい方は早目の参加をおすすめします。

 という訳で、当面は、午前中は銀河ノ滝、午後からは大函での観察会となります。
午後の部の行先がなかなか定まらず申し訳ありませんが、ご了承ください。

写真 大函(スヲプニセイ) 2/2

観察会概要

期間:2019年1月12日~2月24日までの土曜・日曜・祝日
集合場所:層雲峡ビジターセンター
集合時刻:午前の部 09:45 午後の部 13:15(歩行:午前2時間半 午後1時間半程度)
対象:中学生以上
 ※両プログラムとも未成年は保護者同伴。前日までに予約が必要。
定員:7名
装備レンタル料:¥1,500(ヘルメット・スノーシュー・長靴・ウェーダー)
服装:防寒着・ニット帽・厚手の手袋・厚手の靴下など、冬の野外活動ができる服装
※気象状況によっては中止またはコース変更する場合があります。

問合せ・申し込み
層雲峡ビジターセンター
電話 01658-9-4400(9時~17時 月曜休館)