ビジター山だより

センターだよりが発刊されました

2019-05-24 11:10

気温 17

センターだより5月 第91号が発刊されました

 今回の表紙は「シマエナガの巣造りです」。
最近、にわかに人気が出てきたシマエナガの写真を多く使用しました。

 他に、力持ちのオオワシ・換毛期のエゾユキウサギ、
また、いつもは1記事ですが、今月のチビたねを多く掲載しています。

 尚、先月紙面の調整でシマエナガを数点掲載しましたが、
好評であったため、今回は一面を使用し様々な表情のシマエナガを載せています。

是非ご覧下さいませ。(一年間のセンター講座予定も掲載しています)

写真:表紙 シマエナガの巣造り 5/24

本日の層雲峡峡谷

2019-05-22 8:30

気温 17

 早朝より晴天の層雲峡、
8時30分現在最高気温17℃と、すがすがしい朝を迎えています。

 早朝からセンター周辺では「オオルリ」「キビタキ」等の
さえずりが響き渡っており、キタキツネも仔のために餌を探し回っています。

 峡谷も徐々に新緑の様相で、
センター前のサクラも開花し春らしい層雲峡です。

写真:層雲峡峡谷 5/22
  • 層雲峡

紅葉谷

2019-05-18 15:00

気温 24

紅葉谷散策路の様子

 ここ数日の好天で、紅葉谷の散策路は
1ヶ所を残し雪は消失しました。

 春先特有の「落石」等の痕跡がありますが、
一般向けの散策路になっています。

 コース途中では、春先のお花や
様々な野鳥たちが飛び交っています。

新緑の紅葉谷、是非行かれてみて下さい。

写真:紅葉谷散策路 5/18

お知らせ

2019-05-14 9:00

気温 20

お知らせ

大雪山系ニセイカウシュッペ山へのルート復活に伴う、
クラウドファンディングのご案内です。
以前「大雪山層雲峡峡谷・紅葉谷」も同様の試みで皆様にご支援いただきましたが、
今回の件につきましても、どうぞよろしくお願い致します。

リンクをどうぞ。(NPOかむいのフェイスブックからもご覧いただけます)
https://readyfor.jp/projects/17962?fbclid=IwAR1v3MbgIr3sqIOQFV3CrLDNR79i7_akOsAFpJHlT2eQIlki8ITGIwGWSlk


【未整備による登山道の荒廃により登山道の廃道が進んでいる。
その一つの朝暘山からニセイカウシュッペ山へのルートを復活させたい。】

はじめまして特定非営利活動法人かむい 代表の濱田耕二です。
地元上川町で生まれ上川町の層雲峡ロープウエイで高校を卒業して18年働き、その間は山の添乗やガイドを行っていました。
その後退職して、自らNPO法人を設立して山のガイドやパトロール及び登山道整備等を業務とする仕事をしています。
この朝暘山からニセイカウシュッペ山へのルートは約4、50年程前までは当時の営林署により整備され通行可能だったものです。
いつしか整備もされなくなり現在では笹に覆われて実質上通行できなくなっています。

層雲峡ロープウエイ勤務時代に当時営林署勤務でそのルートを整備していた方と仕事を共にしていました。その方が退職時にその当時の事業図を私に託し「いつかお前の手でこのルートを整備して復活してくれないか?」と言われました、その当時は私は単なる従業員でしたので、うーんと思っていました。
その方が数年前に亡くなった時、その言葉を思い出し図面を改めて見る事となり関心が出てきた矢先に(5年程前ですが)NPOかむいで朝暘山まで笹刈りしていけるようにしてくれないかと当時の環境省と森林管理官に言われて面白そうだなと山頂まで笹刈りをしてきました、思っていた以上に笹の丈も太さもかなりのもので、1人でやったのですが3日かかり山頂に到着出来ました、そこからの景色がまた素晴らしいもので感動しました、その後はどうすればこのルートを整備可能になるかを関係機関に相談を繰り返しとりあえず朝暘山山頂まではきちんと整備してからの許可なり申請をすることになり、昨年と一昨年2年続けて山頂まで笹刈りを丁寧に行いルートは確保でき、三角点も発見できました。
現在までの整備はすべてNPO法人かむいのボランティアとして行っていました。
ここから先のルート開削は山頂にベースを置き10日間程かかるのではと考えていて費用面でかなりの負担となることと思い皆様の協力を得てクラウドファンディングで資金の支援を呼び掛けてみる運びとなりました。
皆様の熱いご支援よろしくお願い致します。

写真:四季折々の大雪山系ニセイカウシュッペ山

オオルリ

2019-05-12 11:00

気温 9

 本日の層雲峡は気温は低いものの、
日差しが出始めようやく暖かくなってきました。

*そのような中、本日はセンター講座「野鳥観察会」が行われました。*

 センター周辺にも、早朝からコルリやキビタキのつがい、
写真のオオルリがやってきました。

 尚、次回のセンター講座は6月9日(日)を予定しています。
実施場所は6月上旬に決定します。追ってご案内致しますのでお待ちくださいませ。

写真:オオルリ 5/12